It’s Mediaから考えるボクらのフィルター

こんな画像がネット上に流れていました。

メディアは全てを見せてくれず、事実にフィルターをかけて報道する。

そんな風にボクは認識しています。

今は何でも検索しちゃえば情報にはありつけるのだけれど…

みんなが「いいね!」しているものに乗っかっていると安心かもしれないけれど…

真偽の程は現地で観ないと分からないものです。

実際に体験することで初めて分かることの方が多い。

生身の人間が、実際に現場で触れてみることの重要性は言わずもがなでしょう。

まずは、行ってみる。

まずは、やってみる。

北朝鮮の問題も、アメリカやヨーロッパの問題も…

行ってみて感じることはテレビやインターネットで観てきたものとは違う。

人と接するときにも、こんなフィルターをかけて観ていないだろうか。

学校の先生やスポーツ指導者だったら、自分の都合というフィルターをかけてないか。

一部だけを切り取って、ちょっとした行動だけを切り取って決めつけてないだろうか。

ボクらは世の中の全てを把握することなんてできません。

ましてや他人のことなどは、もっと理解できないものです。

「お前のことは全て理解している。」

そんなことはあり得ないのです。

ありのままを認めるということが、いかに難しいことか…

でも、そこにある事実と自然な姿を正直に受け止めることは必要です。

後は自分で判断して行動するだけ…

惑わされることなく、まっすぐに歩めたらいいですよね。

以上、It’s Mediaから考えるボクらのフィルターのお話でした。

Good Luck.

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!