人を奮い立たせるリーダーの力(平尾誠二) – 先生たちにもオススメ!

人を奮い立たせるリーダーの力

ラグビーファンのみならず多くの人たちからリスペクトされていたラガーマン。

昨秋の悲しい知らせは、残念でなりませんでした。

そんな平尾さんが遺した言葉の数々が収録されています。

場所に人をあてはめるのではなく、人に場所をあてはめる

「個」を大切にして適材適所の発想を転換する。

ある決められた枠にはめてしまうことで「個」の持つ力が発揮されないのはもったいない。

なかなか難しいことですけどね。

決めごとが増えると成長の伸びしろが小さくなる

これも、その通りだと強く感じています。

教室でも細かなルールがあって、それを守るだけで終わってしまう。

ルールさえ守ればいいので、そこから進化なんてするわけがありません。

失敗したことを叱るのではなく、まず挑戦したことを褒める

先生たちって、子どもたちの失敗を責めちゃう。

「そんなことしなくていいから!」とか言ってしまうのは残念ですね。

結果だけを見て、子どもたちのチャレンジが目に入らない。

平尾さんの言うように、トライアンドエラーを繰り返せる教室って大切です。

読みながら感じること…

ボクはスポーツの世界で学んでいることを教室に持ち込んでいます。

それがボクのトライアンドエラーなんだなと再認識。

いい言葉をもらったら、子どもたちに伝えていく。

その繰り返しです。

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!