みんなで創るのが運動会の魅力

運動会の魅力

晴天の下で行われた運動会。

前日まで、ちょうどいい具合に雨が降ってくれました。

おかげさまで砂埃が舞うこともなく、子どもたちの笑顔があふれる時間。

「徒競走では、みんな一生懸命に走っていた。」

「団体競技は、対抗意識もあって面白かった。」

「表現活動は、どの学年の子どもたちも元気に踊っていた。」

全般的には、こんな感想でしょうか。

6年生たちは、「われらの絆2017」と題する表現にチャレンジ。

組み体操の一人技から、赤・青・黄色のスカーフを使って演技しました。

これが、なかなか大変でした。

個の強みが発揮される中で、チームとしての強みも持っている子どもたち。

サークルを使って、対話しながら創り上げてきた教室という世界。

そんな彼らの魅力が思いっきり伝わるには、どうすればいいのか。

とても悩みました。

前半は、個の力強さを魅せる一人技。

HAN-KUNのDon’t Give Up Your Self! で3分。

後半は、チームとしてのデンマーク体操をミックスしたマスゲーム。

曲は、ウーターボーイズでお馴染みのシンクロBom-Ba-Yeで4分。

入場から退場まで10分間の演技でした。

「みんなで魅せる!」

曲に合わせての一人技は、3学期のマット運動の努力が実りました。

そして、マスゲームは風に揺られるスカーフが何とも綺麗でした。

なんだか、あっという間に終わったしまった感じがします。

ボクが受け持つ全クラスの体育の時間…

子どもたちの意見を聞きながら、タイミングや動作を決めていく。

それぞれの時間を組み合わせてみるのが学年練習…

子どもたちと対話を繰り返しながら創り上げた表現です。

「先生、涙があふれて止まりませんでした。」

と保護者の方たちからの嬉しい声も届けていただきました。

何よりも6年生全員が揃って運動会ができたこと。

これは、子どもたちを支えてくれる家族のおかげです。

最高の状態で送り出してくれたからこそ、みんなの笑顔がはじけた。

ボクはそう思っています。

感謝の言葉しかありません。

確かにボクは、体育主任として陣頭指揮をとりました。

でも、ヒーローは子どもたち、保護者の皆さん、地域の皆さん…

そして、各担当で動き回ってくれた先生たちです。

みんなで創るのが運動会の魅力!

無事に終わって良かったです。

ありがとうございました。

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!