小さな花に学ぶポジティブな人生

気になった小さな花

とても小さな花に目が留まりました。

ブロック塀の隙間から出てくる草に咲く、ピンクと白の1cmほどの花です。

なんて素敵な花なんだろう。

別にボクに足を止めてもらうために咲いているのではありません。

それでも、とても小さな花から放たれる大きな生命力を感じずにはいられませんでした。

ふと考えます。

この花、「花だから美しく咲こう!」とか考えてないですよね。

余計なことなんて考えず、ただただ自然体で咲く。

こういうのが一番強いなって再確認したのです。

ボクら人間は、自然体でいたいのに、不自然な姿になることがありますよね。

例えば、子どもたちの前に立つ先生たち。

「先生だから、ちゃんとしてなくちゃいけない。」

「先生だから、授業も完璧にできなくちゃいけない。」

「先生だから、学級経営も完璧にできなくちゃいけない。」

例えば、スポーツを楽しんでいるはずのアスリート。

「アスリートなんだから、みんなの手本じゃなくちゃいけない。」

「アスリートなんだから、いつもトレーニングに励まなくちゃいけない。」

「アスリートなんだから、メダルを取らなくちゃいけない。」

例えば、子育て中のパパとママたち。

「親なんだから、ちゃんと働いて子育てしなくちゃいけない。」

「親なんだから、子どもの教育に関心を持たなくちゃいけない。」

「親なんだから、休日は家族のためにレジャーに出かけなくちゃいけない。」

世間の目、他人の評価って確かに気になりますよね。

余計なプレッシャーを感じていまい、楽しめてない毎日を繰り返していませんか。

「○○のために頑張る!」

って聞こえはいいんだけれど苦しいです。

だから、大事な試合に負けてしまう。

だから、コンクールやオーディションに落ちる。

だから、受験に失敗する。

学ぶことやスポーツをすることが、心から楽しいって思えることが大切です。

「○○のために」ではなく、「本能が喜ぶ」っていうような感覚。

それが、ひっそりと世のため、人のためになっている。

それでいいんじゃない?

生きている時にだけ保障されている大切な時間です。

あなたの持っている本来の姿で、自然体で過ごしてみませんか。

外からの刺激に反応するのではなく、自分の内なる声からスタートするのです。

そして、この小さな花のように美しく咲いてください。

ポジティブに自分から動いてみましょう。

今週も楽しんで!

Good Luck.

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!