てつがくおしゃべりカードを使ってみた話

てつがくおしゃべりカード

梅雨らしい一日、昼休みは外で遊ぶことができませんでした。

というわけで、てつがくおしゃべりカードを教室へ。

早速、子どもたちがカードを手にして話し始めます。

お題は「天国ってだれのもの?」

「神様のものだよね?」

「いや、死んだ人のためにあるんじゃない?」

「でも、どんなところなんだろうね?」

「見たことないもんね?ホントにあるのかな?」

「あるって信じてるだけなんじゃない?」

延々と対話が続いていきます。

行き詰まったら他のカードを引いて話し始めます。

何か正解を探すというわけではありません。

頭の中をいろんな考えが回り続けていく楽しさを味わう感じ…

面白いですね!

5時間目は道徳。

「リスペクト」がテーマで、「私たちの道徳」で大切なことを学んでいきます。

この「リスペクト」は、日常的にあるテーマだけれど改めて確認です。

他者を理解するための会話術も練習して、残り10分でカードを使いました。

4人組のチームで1枚引いて対話スタート!

みんな楽しそうに話し始めます。

お題によっては、難しいのもあって悩んでいるチームも…

「先生、他のカードある?」

しばらくすると、新たなカードを引いていく子どもたち…

見ていて分かるのは、子どもたちは話すことが大好きだということ。

さらに進化しそうな予感です。

さてと…

今日は、どんな話で哲学しようかな。

あ~楽しかった。

Good Luck.

てつがくおしゃべりカードの注文はこちら!

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!