どう咲くかは自分次第だ!

子どもたちの花を咲かせるために

この紫陽花、どんな色の花を咲かせるでしょうか。

咲いてみるまでは分かりません。

地面から一所懸命に水を吸い上げて、お日様を浴びながら蕾は大きくなって花を咲かせる。

自力で花を開く日まで、ワクワクしながら待っています。

本当に満開が待ち遠しいですね。

いろんな可能性を秘めている子どもたちも同じ…

どんな人生の花を咲かせるのでしょうか。

時には大雨に打たれ、強風にさらされて…

紫陽花と違うのは、自分の足で動き回れること。

いろんな人と出会って、いろんな出来事にもまれて成長していくのです。

とにかく動き回ってほしい。

当たり前のようにルーティンをこなすだけの主体性のない人ではなく…

ボールが来るのを待っているのではなく、自分から呼び込めるような…

そんな子どもたちでいてほしい。

いったん、ボールが入ったらシュートを打とうがドリブルしようが自由。

自分のボールですから、好きにやってみてほしいと思うのです。

誰かに用意されるのではなく、自分の意思で進む道を歩んでほしい。

動けない紫陽花だって、どう咲くかは自由なはず…

「おお!きれいだね!」

って道行く人は言ってくれます。

それと同じで…

「おお!すごいね!」

って、キミの人生も見てくれている人は言ってくれます。

だから、堂々と歩んでください。

どう咲くかは自分次第だ!

Good Luck.

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!