「出会うこと」は奇跡なんだってこと!

朝ランで見つけた一輪の花

花を愛でるのは、朝ランの楽しみのひとつです。

ゆっくりと走ると、道端にはいろんな花が咲いているものです。

今朝、目に留まったのは一輪の花。

しっかりと大地に根をおろして咲いている感じ…

この時期にしか咲かない。

一瞬かもしれないけれど、生命力あふれる姿に感動させられます。

人生なんてものは、長いようで短い。

「ん?そんな人っていた?」

なんて感じなのでしょう。

せいぜい、関わった身内くらいが生きている間に思い出すくらいのもんです。

ボクらは、自分で考えているほど存在価値はありません。

それでも、目の前にいる人を幸せな気持ちにすることはできる。

スポーツと教育の現場で出会った子どもたち…

そして、多くの関係者の皆さん…

家族も含めて、みんな大切な人たちです。

出会った意味ってのは、ちゃんとある。

人生ってのは旅みたいなもんで、歩き続けるから多くの人たちと共に過ごすことができる。

それでも、世界中の人口から考えれば、たいした数じゃない。

そんな中で、一緒に教室で生活を共にしたり、一緒にボールを蹴ったり…

だからね、「出会うこと」は奇跡なんだってこと!

そんな「出会い」は、大切にしないといけません。

天には星がなければならない。
大地には花がなければならない。
そして、人間には愛がなければならない。
– ゲーテ(詩人)

人生という名のボールは転がり続ける。

Good Luck.

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!