自然の中で自分と向き合うこと

八千穂レイクでフライフィッシング

生きるためには行動し続けなければならない。

待っていても食料にはありつけません。

だから獲物を探すし、食べられるものを探して動き続ける。

ボクらは生きていくために命をいただいています。

自然の中にいると命の大切さを特に強く感じるのです。

ところが、都会にいると命を粗末に扱ってしまう。

街中で蜂が飛んできたら退治してしまいます。

害虫にしか見えませんから…

でも、自然の中だと余程のことがないと放っておきます。

「蜂だって一生懸命に生きているんだ。」

自然の中にいると優しい気持ちになれるのが不思議。

どうしてなんでしょうね?

都会は全て人間の都合で動いている。

なんかギクシャクしていて、殺伐とした気分になってしまうような気がします。

だから蜂もすぐに退治してしまう。

余計なモノにお金も使って、余計なコトのために働く。

そして、自分をムリに大きく見せる。

なんだがバカみたい。

ムリをしたら壊れるし、自分が何者なのかも分からなくなる。

たしかに生きるために行動し続けているけど、何かが違うと思うのです。

自然の中ではありとあらゆるものと共生する必要があります。

とてもゆったりとしている空間からは、本当に必要なものだけが見えてくる。

ボクらは周りのものに生かされているのです。

だから蜂も仲間だって思えるし、素直な気持ちになれちゃう。

青空を見上げて、風の音を聴いて、水の優しさを感じる。

「これでいいんだよね?」

なんて自然に向かって質問すると、ちゃんと答えを返してくれる。

「お前は大丈夫だよ!」

疲れたら自然の中に身を置いてみる。

時には孤独な旅になることもあるけれど、そのうちに答えは出るでしょう。

そうやって…

全てを手放して一人で対話してみるのもいいもんです。

素直に、ありのままの自分を見つめる。

自然の中で自分と向き合うことって大切だよね。

あんまりムリしないでポジティブに生きていこうと思います。

Good Luck.

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!