母に花を届けるということ。

Mother's B.D.

母の誕生日には花を贈ることにしています。

先日も、お気に入りの花屋さんでアレンジしてもらって届けてきました。

ボクが、道端の花に足を止めたり、いろんなものに興味を持って観察したりするのは…

全て、母の影響だといって過言ではありません。

小さな頃、散歩をすれば、あれやこれやと話をしてくれていた母。

幼稚園の行き帰りには、ずいぶんと時間をかけて歩いてくれたものです。

70代中盤に差し掛かっても花を愛する姿は健在です。

凄いなって思うことは、ボクの状況を見破ることです。

何だか悩んでいるなって思うとバレるのです。

いろんなことを相談できるのがありがたい。

けして口数が多いわけではありません。

会津生まれで頑固で厳しい面もありますが、けしてキレたりはしません。

ボクがやることは全て「自己責任」というのも教えてくれたのは母。

じっと見守るだけでで、口出しすることは少なかったのは本当にありがたかった。

「あなたの人生なんだから、あなたが決めなさい。」

他の誰が反対しようとも、実はつらい気持ちかもしれないのに笑顔で認めてくれる。

50を過ぎても落ち着けず、チャレンジばかりを繰り返す息子を相変わらず見守ってくれる。

そんな母の誕生日に花を贈ることは、とても特別なことです。

「母さん、いつまでもハラハラさせてごめんなさい。」

というメッセージが込められています。(笑)

父と一緒にいつまでも元気でいてください。

Good Luck.

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!