源兵衛で語る俺たちのチャレンジ

源兵衛で語る

源兵衛にて尊敬する大学の後輩と一献。

久しぶりに二人だけで語り合うことができました。

埼玉県民の彼と神奈川県民のボク…

わざわざ高田馬場まで出かけていっての酒は美味しかった

それぞれに希望と不安がある中で、お互いの未来に向けた話をしたり…

今までの実践について、あれこれと話して振り返ってみたり…

2012年の夏には、一緒にオランダへ行きました。

アムステルダムでゆったりとした時間を過ごしながらビールを飲む。

期間中は、ずっと同じ部屋で過ごして、いろんなことを語り合ったものです。

帰国後は、それぞれの現場で実践を続けてきました。

彼の実践は書籍になっていてるので読んでみてください。

「先輩は、スポーツの現場というフィルターを持っているのが大きいよね。」

  • スポーツで見てきたことや感じてきたことが現場で生かされていること。
  • メソッドではなく日々の実践に流れる哲学というものがあること。
  • 教室の根底に流れるものがブレないこと。

話しているうちにボクの実践について整理してもらいました。

「先輩にしか語れないエピソードってあるじゃない。」

そうですね。

ボクの教室で何が起こっているのか。

その小さな実践が少しずつムーブメントに変化してきた。

あれこれと整理してまとめていきたいと思います。

楽しかったなあ。

「お前、そこへパス出すのか!」

ボールを奪われそうになるリスクもあるけれど、ゴールを奪うためのリスキーなパス。

人生も同じです。

常に足を止めず、お互いのピッチで動き回りましょう。

チャレンジは続く…

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!