サッカーができるということに感謝。

TOKYO HANEDA CLUB

東京都社会人サッカーリーグ4部も終盤戦。

今季は負けてないけれど1引き分けで2位という状況。

相手は首位を走るチーム…

勝てば、ほぼ昇格を手中に収めることができる大切なゲームです。

50歳のボクはベンチスタート。

序盤から激しいゲームとなりました。

相手チームには、しっかりとした型があり、そこを押さえながら良く戦っています。

当然、球際も激しい攻防が続きます。

中盤では激しいボールの奪い合いがあり、サイドでは上下に長い距離を走る両チーム。

お互いに消耗が激しい中で、ゲームは終盤へと突入します。

通常はFWのボクは、いつどこに投入されるか分からないスクランブル要員でした。

残り15分で左MFでピッチへ向かうはずが、GKが負傷。

「これはGKもありか?」

と思いましたが、何とかGKはプレー続行。

すると奮闘していたメンバーが負傷してしまい残り10分でFWで投入されます。

終了間際のコーナーキック…

ニアからファーへと回り込んだところにドンピシャでボールが飛んできました。

抜け出したタイミングもボールが飛んできたタイミングも本当にピッタリ…

右足を振り抜いたボレーシュートでゴールネットを揺らす。

なんとも不思議な感覚でした。

昇格を引き寄せるゴールで盛り上がったのは言うまでもありません。

久しぶりにゲームを決するゴールを奪えたと思ったのも束の間でした。

得点直後のキックオフから、あっという間の失点。

それも、一番やられてはいけない左サイドからの攻撃でした。

どうして防げなかったのか、今でも悔しくてたまりません。

ところで…

20代から30代のチームメイトを支えるのがボクの役目です。

彼らは大学でプレーしていたり全国的に有名な高校の出身だったり…

肝心のボクは、大学までバレーボール部(笑)

とはいえ、言い訳にしたくないってのはあります。

小学校の頃からサッカーボールにも触れ続けてきたわけですから…

なかなか上手くはなりません。

それでも、毎日の食事に気を配り、筋トレやランニングは欠かせません。

それだけは、自分でしっかりできるからです。

身体が動くまでは、何とか現役でいたい。

もちろん、どうしようもなく結果も残せないならだめですけどね。

一緒にボールを蹴ってくれる若者たちは、本当にフレンドリーな面々です。

こんなボクと一緒に遊んでくれる大切な仲間たちです。

今日のゴールもみんなのおかげ…

サッカーができるということに感謝!

Enjoy Football.

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!