「小学生のみなさん!チャレンジは楽しいよ!」 – 残りわずかな3学期に伝えたいこと –

やがて花は開く

残りわずかな3学期。

1年間を共に過ごしてきた33名の子どもたちとのお別れが迫ってきています。

思えば至らないことばかりのような気もしますが、学習活動を通して伝えたいことは、ひとつだけです。

チャレンジは楽しい!

これに尽きます。

チャレンジすることは、子どもたちの可能性を広げます。

時に苦しいチャレンジが、次のステージへと誘うのです。

できた瞬間を逃さない!

子どもたちが悩んでいたことを解決した瞬間。

この瞬間の子どもたちは、とてもいい笑顔を見せてくれます。

そこで、すかさずふりかえりを…

「どんな気分?」 「どうやったらうまくいったの?」 「次はどんな感じにしてみたいかな?」

こんな感じで。

お別れはとてもつらいけど…

「ずっとこのままのクラスでいられたらいいのになあ。」と言ってくれる子どもたち。

とても嬉しいけれどクラス替えはやって来ます。

4月からは、新たなメンバーと新たな担任に出会って、また違う世界を創り上げていけばいいのです。

もちろん、別れは私だってつらいけれど、これも乗り越えなければなりません。

残り12日、全力で駆け抜けましょう!

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!