本気でサッカーを楽しむために「ヴェルディS.S相模原」という選択肢

ヴェルディ相模原

「ヴェルディS.S相模原」というクラブがあります。

ジュニアもありますが、特筆すべきはジュニアユースとユースの存在です。

次男も所属するクラブですが、噂どおりに楽しいサッカーで観る人たちを魅了します。

「ユース年代は育成だよね」と貫かれるコンセプト

読売クラブ出身の土持監督のこだわりが「ユース年代まで育成ですから…」ということ。

ジュニアユース年代では、勝利を目指すあまりに大人のサッカーをさせる傾向が見られるクラブもあります。

それはそれでサッカーをしているので間違いではありません。

しかし、個の力をしっかり伸ばすためには、自ら考えるプレーを心がけなければなりません。

規律ばかりを重んじていると、選手は指導者が望む以上はなりません。

指導者の言うことだけをやって、はいおしまい…

これでは、クリエイティブな選手は育ちません。

自由な発想を持った選手が、いろいろなアイデアを自発的に出しながらするサッカーは楽しいものです。

その結果、勝利すればなお楽しいのだということです。

サッカーの指導に関わる問題を解決するヒントになる

何よりも大切にされているのは「個人技を重視すること」

「そこへパス!」なんて言葉は、指導者として御法度です。

とても難しいのですが、子どものプレーを観ながら言うことはひとつだったりします。

「今、何したかったのかな?」

コーチたちは、子どもたちに一方的に指示をすることなどはしません。

「どうしてそこへ走ったのかなぁ?」「今のドリブルの後って、どうしたかったのかな?」など、プレーに関して対話をしながら、子どもたちが自発的に答えを導けるような指導をしています。

自ら考えるサッカーで、自ら力強く人生を切り拓け

こういう自由奔放なサッカーを観ていると、自ずと考える力が身につくのではないかと思うのです。

規律を重んじるチームとやるときには、おそらく戸惑いもあるでしょう。

その分、自分の頭で考えて動き続けなければいけないので大変ですが、しっかりと考え抜くことはサッカー以外の部分でも生かされることでしょう。

必死に考え抜いて、そのときの最適解を出せる選手は、力強く人生を切り拓いていくのだろうな予測ができます。

どんなサッカーをしているかは、こちらでも書いています。

ユース年代は育成だよね | スポーツと教育の現場から元気をお届け!-ON THE BALL-

ヴェルディ相模原に関する情報はこちらから

Verdy S.S 相模原ホームページ

ヴェルディS.S.相模原 ~ニュース~

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!