3TB外付けHDDが14000円で買える時代

3TB外付けHDDが14000円で買える時代

嘘みたいな時代になっている。

何のことかといえば、HDDのお話です。

Windows3.1が登場した1990年代初頭では、フロッピー全盛時代で1.44MBという容量しか入らず…

おまけにHDDは、とても高かったのを覚えています。

いつしか容量はMBからGBになり、今ではTBです。

おまけに、外付けなのに3TBが14000円で買えてしまったことに驚くばかりです。

私の場合、デジタル一眼レフで写真を撮ることが多く、たくさんのバック領域が必要。

でも、これは大きすぎるくらいの大容量です。

嬉しいけれど、なんとなく複雑だったりもします。

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!