デザインすること【佐藤可士和の原点より】

ベンチのある教室

佐藤可士和さんの動画を観ました。

「デザインすることって大切だな」

と改めて考えさせられました。

デザインは表層ではなく本質

たしかに見た目だけ変えてもだめだということはわかります。

形だけ変えてもだめだということです。

そもそも何のためにあるのか?

教室のベンチだって、ただ置いているわけではありません。

自由にレイアウトしていいんです。

だから、子どもたちは勝手に動かして「まるつけコーナー」をつくってみたりします。

スポーツも同じですね。

「そもそも何のためにやるのか?」

これをしっかりと問いながらぶれずに進みたいものです。

形をつくり、きっかけを創るのがデザイナー

そうです。

きっかけを創るのです。

スポーツの現場でも教育の現場でもやることは同じですね。

[youtube]http://youtu.be/7zG_7m7Qjug[/youtube]

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!