常に意識したい「ゴールはどこ?」

シュートを打とう!

合宿が始まりました。

今日のテーマは、「正確なシュート」

子どもたちは、3カ所からゴールを目指してドリブルをしシュートを放ちます。

ボールは、ゴールのあちらこちらへ飛んでいきます。

「おーい!それでほんとにゴールを奪えるかな?」

「・・・」

「どんなシュートがいいかな?」

「キーパーに取られないように打つ」

「なるほど、それってどんな感じ?やってみてくれる」

すると、子どもたちのボールはファーポストへ転がり始めます。

「なるほどね、ここが取りにくいんだね」

「どうして取りにくいか考えてみよう」

ということで分解して話をしたら、再びシュート練習です。

「あれ?二つのパターンを発見したよ!コーチがやってみるね」

といいつつデモをしてみます。

「どっちが入りやすそうかな?」

「後の方!」

「なんで?」

「だってゴールちらっと見てる」

「なるほどね。じゃあ、やってみよう」

すると、蹴りたいところへシュートが飛ぶ確率が高くなっていきます。

ここで重要なことは、ゴールへ入る入らないだけでなく、「ドリブルからゴールをチラッと見てからシュートを打ったか」です。

チャレンジをしっかりと評価してあげることで、子どもたちはどんどんチャレンジをします。

やっぱりゴールが明確だとわかりやすいってことですね。

明日も頑張ります!

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!