全員が共有すべきゴールはどこだ!【ヴェルディ相模原vsFC栗の木】

20131003-091848.jpg

Jユースカップ関東予選2次リーグの最終戦、ヴェルディ相模原は桐光学園GにてFC栗の木と対戦しました。

試合は、終始ゲームを支配したヴェルディ相模原が4-1で勝利を収めました。

ゴールを目指すプロセスをイメージすることの大切さや、チーム全員がベクトル合わせることの難しさ再認識する時間でもありました。

ボールを奪った後のプレーの優先順位はなんなのか?

最終的にゴールを決めるのは誰なのか?

どのようにボールを動かせば、相手の守備陣を崩壊させることができるのか?

ゲーム中に考えなければならないことは、たくさんあります。

また、90分の中でどうやって相手を攪乱するのかも重要だったりします。

そんな駆け引きまで、みんなで共有できるとより個々の持ち味が出るはずです。

個々のポテンシャルを十分に、かつ相乗効果を発揮するには、何をするのか。

そして、みんなで共有すべき点は何なのかを考えながらプレーすることの大切さを実感しました。

試合展開のよって状況はコロコロ変わるので常に観察というアンテナを拡げておく必要もあります。

これよく考えると、教室の世界でも同じです。

コロコロと変わる状況に臨機応変に対応するためにも、観察を怠ってはいけません。

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!