ヴェルディ相模原vs東海大学【TRM】

20131012-214120.jpg

東海大学グランドにて行われたTRMを観戦しました。

ヴェルディ相模原は、大学生(Aチームではありません)が相手であろうがひるむことはありません。

自分たちの持ち味を生かしながら、東海大ゴールへ迫ります。

ボールを失っても、素早くブロックを形成し、ショートパスを繋いで最後はスルーパスが飛び出す自由奔放なサッカーを展開。

前半は、1-0で折り返します。

後半も中盤までは効果的なプレスで対抗しますが、後半から投入されたFWに翻弄されて最終的には3点を献上してしまい1-3で敗戦。

サッカーは90分で行うということがよくわかる一戦でした。

それにしてもK1で首位を走るヴェルディ相模原のサッカーはなかなかお見事…

もちろん、もっと精度を上げることや判断のスピードをあげる必要はありますが、クラブチームでここまでできるというのは素晴らしいと思うのです。

ヴェルディ相模原の選手は囲まれても慌てないスキルがあります。

5メートルほどのショートパスを繋いで、相手ゴールーに迫る戦術は、見るものの目を楽しませてくれます。

ボールフィーリングに自信があるからこそ、あんなボール回しができるんですね。

足下の技術がしっかりすることで、予測できないパスがつながってきます。

スキルって何だろう?フィジカルって何だろう?

そんなことを思う一日でした。

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!