【子育て世代の皆さん必読】脳を鍛えるには運動しかない!

脳を鍛えるには運動しかない

人生において成功するために、神は人にふたつの手段を与えた。
教育と運動である。
しかし、前者によって魂を鍛え、後者によって体を鍛えよ、ということではない。
その両方で、魂と体の両方を鍛えよ、というのが神の教えだ。
この二つの手段によって、人は完璧な存在となる。
— プラトン

ページをめくると、いきなりこんな言葉に出会います。

「文武両道」

こんな文言が頭をよぎります。

テレビやコンピュータなどのディスプレイの前に座る時間も長い現代の子どもたち…

少しずつ改善傾向とも言われていますが、1985年頃から運動不足が指摘されています。

「不登校」「いじめ」などを始めとする学校教育の諸問題も、この頃からクローズアップされてくるようになりました。

運動不足による影響があるのではないでしょうか。

わたしたちは、もはや狩りも採集も必要としない。そこに問題がある。
動くことの少ない現代の生活は人間本来の性質を壊し、人類という種の存続を根底から脅かしている。

心身ともに成長を遂げる子ども時代に、人間本来の性質を活用することなく育ってしまうとしたら…

と考えると不安になります。

「子どもが落ち着かなくて…」

「ちっとも勉強に身が入らなくて…」

とお悩みの保護者の皆さんに伺いたいのは、

「子どもたち、十分に遊んでいますか?」

ということです。

運動で爽快な気分になるのは、心臓から血液がさかんに送り出され、脳がベストな状態になるからなのだ。

十分に外を駆け回って息を切らして遊んだ後に、学習に取り組むと効果的であるということは学校でも実感できることです。

本書の中では、「有酸素運動が重要」との指摘がありますが、確かにそう思います。

通常、5時間目にもなれば通常疲れが出る頃…

でも、みんなで外を走り回る昼休みを過ごした後は、いつにもまして落ち着いて学習に取り組んでいる姿が見られます。

きっと脳にとっていい準備ができたのでしょう。

運動によって脳の状態が学習にとってもいい状態となるというのであれば、

「もっと外で遊ぼう!」

と声高に叫ぶ必要があるかもしれません。

こちらでも紹介されています。参考になりますよ。

脳細胞が増える運動「3つの条件」:PRESIDENT Online – プレジデント

一番の脳トレは「運動すること」 ~本『脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方 』 – ライフハックブログKo’s Style

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!