代々木上原から西麻布を歩く(秋冬編)【Depotare】

20131122-102307.jpg

仕事を終えて大急ぎで駅へ向かうこと徒歩20分。

電車に揺られて50分ほどで代々木上原駅に到着します。

目の前には、いつも千代田線が停車中です。

階段を降りると改札口があり、そのまま直進すると街へ出ることができます。

花屋さんや酒屋さん、そして洒落たカフェなどが点在する静か街です。

小田急線沿いを歩くと、ほどなく代々木八幡の踏切を通過します。

よく車窓から眺める踏切を渡るのは、なんだか不思議なものです。

踏切を渡ってしばらく進むと、あることに気づきます。

渋谷方面に向かって道がまっすぐに伸びています。

ずいぶん昔からあるのではないだろうかと思われる道は、神山町へ。

この道沿いには、昭和から続くであろう肉屋や米屋があって懐かしい感じがします。

洒落たカフェの数々と、昭和の香りがする店のコントラストがたまりません。

タイムスリップしたような時間。

世田谷区民だった幼少期、両親は、どんな思いで暮らしていたのだろうか?

そんなことを思いながら歩き続けます。

そのまま直進すれば、渋谷の繁華街ですが少し手前で左折するとNHKが見えます。

「おばさん、毎年、紅白見に来てたよな。」

渋谷に住んでいた叔母を思い出します。

渋谷公会堂の信号を渡り、すぐに左折していくと渋谷から原宿へ伸びる道にぶつかります。

父が長らく通いつめた会社を右手に見ながら山手線のガードをくぐり、裏通りを抜けて246へ。

いつも見ている246とは風情が違います。当たり前ですが(笑)

青山から西麻布へ向かう道沿いにもスターバックスやハンバーガーショップなどが点在。

そして、いつも満員の気になるカフェがあります。

富士フィルムのビルある角を曲がると首都高速3号線沿いを歩きます。

最後は坂を下り切ったところで道路を渡ると到着です。

いろいろなものに触れて脳が喜ぶ1時間のウォーキング、最高です。

もちろん、トレーニングは、今日もハードでした。

最後は、自重を支えられなくなり笑ってしまいましましが…

本日もありがとうございました。

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!