46歳のオヤジがフットサルを楽しむには…

20131209-223003.jpg

毎週月曜日の夜はフットサルをしています。

若者に混じってのプレーは46歳のオヤジにはかなりハードです。

おまけに小学生の頃にしかサッカーをしていない私にとっては修行のような2時間…

最近の若者は、すばらしいボールコントロールでドリブルもうまい。

こちらは、蹴ったら走るというパス&ゴー世代ですから1対1の局面は厳しいものがあります。

特に守備では軽く抜かれてしまいます。

結局、できることは「走り回ること」と「シュートを放つこと」の2つ

なんだか、ユース年代の高校サッカーみたいな状況ですが、案外、これがいいんです。

しつこく斜めに走り込んでボールを受けたらシュートを狙います。

相手陣内に入ったらシュートしか考えないようにしています。

お前の特徴はなんだ?

恩師の言葉が脳裏をかすめます。

シュートです!

というわけで、そこにとことんこだわることにしました。

わがままにシュートを放ちます。

決めなくちゃ行けない場面にGKに止められたり、外したり…

いろいろありますが、本日は6ゴール

ドリブルは軽く運ぶ程度にして、早めにパスを出して動いて再びもらってシュートを打つ!

どうやら私のプレースタイルは35年前から変わらないようです(笑)

いくつになっても得意なことを生かしてプレーするように心がけることが大切なんですね。

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!