おかずを増やすと子どもが賢くなる

20121120-222726.jpg

プレジデントファミリー最新号に掲載された、脳トレで有名な川島隆太先生の記事。

朝食と脳の関連について研究した結果から

朝食でおかずの品目が多いほど、脳がよく働き、よく成長する

ということがわかったとのこと。
「早寝・早起き・朝ごはん」と文部科学省も声高に叫んでいるが、朝ごはんの質も問題のようです。

おかずなしの朝食をとる子は全体の4割

つまり、パン1枚だったり菓子パン1個だったり…

さらに米とパンを比較すると、

米を食べる子どもたちの方が知能指数が高い。

ヨーロッパでは全粒粉でつくられたパンが主流なので話は別とのこと。
昼食は給食なので栄養に心配はなし、夕食は食べ過ぎというくらいに食べている。
問題は朝食だ!

朝食に関しては親の意識が大切で、

生活習慣は全て親の責任

勉強は親にとっても重要で努力の成果が目に見えますが、生活習慣はもっと重要なのに気づかない。

確かに一生懸命に塾に通っていても、しっかりした生活習慣が身についていない子はいますよね。
ジュニアサッカーの世界でも同じです。

よい生活習慣と朝食のクオリティ、考えさせられる記事です。

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!