伝統の早慶戦とスポーツ政策を考える日曜日

早慶戦

東京六大学野球の最終週は伝統の早慶戦。

毎年、この週に行われる大学院のゼミOB・OG総会にあわせての観戦。

昨日で優勝が決まっていた早稲田大学ですが、完全優勝を目指してプレーボール。

序盤から打線好調の早稲田が得点を重ねます。

その度に紺碧の空を大合唱。

慶應も得点時には陸の王者を大合唱。

賑やかな神宮球場でした。

7-2で早稲田が勝利すると応援席は最高潮。

最後は、校歌を大合唱で球場を跡にしました。

夕刻より開催されたゼミOB・OG総会…

スポーツ政策に関わる話題で盛り上がりました。

スポーツ界には、様々な問題があります。

スポーツも「うすけぼー(生命の水)」と同じくらいに大切なもの。

肝に銘じて行動したいと思う早慶戦の夜となりました。

やったぜ!優勝!

みなさんに感謝。

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!