グランドの近くに木陰があるといいね

猛暑の中で

第36回大根ラディッシュ招待サッカー秦野市制60周年記念大会が無事に終わりました。

猛暑でも子どもたちは元気にプレー。

これには驚きました。

試合時間は、夏なので短めの15分、7分ほどで給水タイムを取る。

という当たり前の取り決めもありましたが、アップも短めにしたり各チームの工夫が見られました。

木陰があるグランドを提供できるのも良い点です。

風が吹けば木陰は涼しいので休むには最適な空間です。

最近、人工芝のグランドが増えてきましたが、日陰がないところが多い気がします。

この点は本当に残念なところです。

ちょっとした雨も凌げるわけですし…

せめて屋根があれば嬉しいですが、コスト面からもないところがほとんどではないでしょうか。

明後日から開催されるU-15インターシティーカップEASTの試合会場も屋根がなさそう…

暑熱対策をしながら観戦しなければなりませんね。

ただグランドがあればいいわけではない。

新国立競技場問題と根は一緒です。

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!