紅葉撮影から学ぶこと

色づく日光

カメラに収めたい秋の色。

以前、プロのカメラマンさんから教わった紅葉の撮影方法…

逆光で撮ると綺麗ですよ。

ということで、いろんな角度でレンズを向けてみます。

ちょっとした光の加減で、ずいぶんと見え方が違うものです。

同じ葉っぱなのに、光の当たり方で輝きが変わります。

せっかく撮影するんですから、できる限りキラキラと輝く葉っぱを撮影したい。

出会う人たちも同じです。

子どもたちでも大人でも、できる限りキラキラと輝いていてほしい。

ちょっとしたことで輝きが変わるなら優しい光を当ててあげたいと思っています。

角度を変えると見え方が変わる。

ちょっとだけずらしてあげることで随分と変わるものです。

悩んでいることも、ほんの数ミリずらすだけで解決できるような気がするのです。

植物を撮影する際、不思議と実感する感覚…

これからも大切にしたいと思います。

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!