自分を見つめることで原則がわかる

富士山と箱根の夕焼け

夕闇迫る富士山と箱根の光景は圧巻でした。

日が沈む光景を眺めているだけで、自然のエネルギーを感じる。

雄大な自然の中にいるだけで、悩んでいることなどはちっぽけなことだと思えてきます。

毎日、当たり前のようにくり帰らされる日の出と日の入り…

一日24時間は、誰にでも平等にある

与えられた時間を、どう過ごすのかは自分次第です。

人から決められるものではありませんよね。

とはいえ、どうしてもやらなければいけない仕事があったりもする。

その時は、少し発想を転換してゲーム化するとか…

視点を変えて楽しみに変えてしまえばいいのです。

何よりも大切なことは、自分のやりたい方法で取り組むこと。

やることは自分で決められなくてもやり方だったら自分で決められる。

そうすることで主体的になって意欲も湧きます。

どうせやるなら何でも楽しんでやってしまえばいい。

人生の長い旅も同じです。

人から決められた道のりを歩くことほど、つまらないことはありません。

ある種の期待を背負って生きるのもいい。

でも…

他人の期待に応えるばかりでいると、自分が自分でなくなっていたりします。

嫌われるのがイヤだから、いい顔してしまう。

だんだんストレスが溜まっていく…

振り回されないようにするにはどうすればいいのでしょう。

自分なりの原則を大切にすること

本当に自分にとって重要なことを優先することです。

心の奥底にあるものを見つめて、自分で決める。

それを行動につなげていくのです。

じゃあ、自分なりの原則を見つけるにはどうすればいいのでしょう。

自分を見つめる時間を創ること

少し早起きして…

あるいは、眠る前…

ほんのわずかな時間でもいいから、自分と対話する。

素直に心の中にあるものを見つめる。

そんなことを繰り返すことで、自分なりの原則は見つかります。

さあ、明日もいい時間にしましょう。

Good Luck.

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!