少年サッカー観戦で大切にしたいこと

サッカーは遊び

第42回日産カップ争奪神奈川県少年サッカー選手権大会が始まりました。

会場運営をしながらU-12,U-10の試合を眺めます。

いろんなクラブがあって、ベンチワークのそれぞれで面白いものです。

個人的な好き嫌いで言ってしまえば…

子どもたちが自由にプレーしているチームが好きです。

ベンチからは、ほとんど指示は出ません。

子どもたちは、まず自分でボールを運ぼうとする。

まるで宝物を運ぶように、ドリブルする子どもたちを見るとワクワクします。

もちろん、自分で考えてパスを出したりシュートを打ったり…

それも良し!

自分の頭で考えてプレーしている姿を見るとホッとさせられるのです。

逆に、大人が喜ぶようなサッカーをするのは好きではありません。

ポジションに縛られていて、大人に言われたようにサッカーをしてしまう。

それはそれで、言うことを聞く良い子かもしれません。

でも、創造性にに欠ける選手で終わってしまう気がしてならないのです。

自分で考えてやってみるから楽しい。

うまくできれば自己肯定感が高まります。

言われてやるだけでは、あんまり嬉しくはありませんよね。

自分で考えてやってみるから悔しい。

自分で考えてやってみたのに、うまく行かなかったら悔しいです。

だから、次に向けてのチャレンジができるのです。

子どもたちが、自分の頭で考えてプレーできているかチェックしましょう。

子どもたちが、自分の頭で考えてプレーできる空間を用意してあげましょう。

子どもたちの可能性を広げるためにも、大切なことです。

今よりも、未来が大切ですよ。

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!