変わる風景と生きる道

教室から見える光景

教室の後方に置いてある自席から見える風景…

第2東名建設中、周囲の田んぼも埋められていく光景を目にする毎日です。

開発という名の下に、自然がなくなってしまうのは寂しい限りです。

また、駅前では大型店舗が閉店するなど街の様子も変化しています。

その時々の環境に合わせて、変わって行くことは仕方がないことです。

環境の変化を嘆いていて、立ち止まっていてはいけません。

変化に柔軟に対応して生きていく。

それが何よりも大切なことです。

変わりゆく街と同様に人も変化して、進化していく。

10代の頃の自分と20代の自分では見える世界が違うはずです。

30代、40代なら尚更だと思います。

来年には50代に突入する自分も同じです。

まだまだ進化の途中…

この年になって、ようやく自分に素直になったかもしれません。

いろんなものに抗ってきた自分がいます。

でも、心の底から好きじゃないことも続けてきた。

格好つけて、それはストレスとなって溜まってしまいました。

ウェイトダウンと同時に考えられるようになったこと。

本当に必要なものは何か。

ポジティブに捨てていく作業ができるようになってきた。

変わりゆく街の状況と同様に、自分も変わる。

変わることを選べるのは自分自身です。

誰にも邪魔されることはない自分だけの大切な人生。

しっかりと歩みたいと思います。

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!