大切にしたい「時間」「仲間」「空間」

思い出の空間

修了式、6年生は誰一人いません。

教室は静寂に包まれています。

改めて子どもたちに感謝する…

本当に素敵な出会いでした。

常日頃、子どもたちに語っていたことがあります。

「時間」を共有するということ

ボクも含めて35名には、8:30~15:30という6時間が与えられています。

時間は資源なので大切に使う。

みんなで共有しながら、学んだり遊んだり、笑ったり泣いたり…

二度とやって来ない「今」を大切にしていく。

時間には限りがあるので、一生懸命やった方がいい。

そして、思いっきり楽しんだ方がいい。

「仲間」と共に進化するということ

4月に出会ったメンバーは共に200日近くを過ごす大切な仲間です。

それぞれ特徴があって、個性がぶつかり合います。

得意なことや好きなことは何なのか。

ちがいを認め合いながら、一緒に学んだり遊んだり…

対話を重ねて絆が生まれ、離れがたくなる。

ホントに素敵な仲間と進化を続けていきます。

「空間」を共に創るということ

教室は、ボクらにとって大切な空間です。

大切にしているからこそ、いつもキレイです。

過ごしやすい空間なので、学んでいても遊んでいても心地よい。

真ん中にサークルベンチがあって、みんなでワイワイと過ごします。

机や椅子の配置も重要ですが、みんなでつくる空気が最高です。

自由に意見が言えて、話を聞いてもらえる空間をみんなで創る。

大切にしたい「時間」「仲間」「空間」

担任としてふりかえる指標ともなる3つの「間」

子どもたちが十分に学んで遊べる「時間」は保障されたのか。

子どもたちの個性が発揮できる「仲間」づくりはできたのか。

子どもたちが過ごしやすくパワーを発揮できる「空間」だったのか。

新たなシーズンを迎える4月からも大切にしたいと思います。

Good Luck.

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!