ゴールを奪うために学びは続く

ゴールは遠いけど

日曜日のこと…

東京都社会人サッカーリーグが開幕。

TOKYO HANEDA CLUBは、3-1で勝利を飾りました。

私はFWで後半20分ほどから出場…

試合終了間際に追加点のチャンスを逃してノーゴールでタイムアップ。

会場に早めに乗り込んで前の試合を観たり、アップ中もチームの動きを観たり…

いろんなことを考えていました。

自分がチームに貢献するためには、何ができるのか。

相手DFを幻惑させる動きだったり、前線からの守備だったり、ゴールを奪うことだったり…

やらなければいけないことは、たくさんある。

でも…

「個人ですぐにできること」と「すぐにできないこと」があるものです。

後方から味方がドリブルで上がってくるときには、相手DFを幻惑してサポートができます。

走るコースを限定してスペースを空けるとか、自分でボールを受けるとか…

前線からの守備も、コースを限定して後ろの選手がボールを奪いやすいように動く。

体力の続く限り、こうした動きは「個人ですぐにできる」ものです。

でも、ゴールを奪うこととなると仲間とのコミュニケーションが欠かせません。

マイボールになってチーム全体が加速します。

ボールホルダーの視界に入っていないのでパスが来ない。

ペナルティーエリアに上手に侵入しているのに…

パスの出し手が安心してボールを出すことができるようにポジションを取る工夫が必要です。

ゴールにカラダが向いていて、シュートを打てる状態であることが望ましい。

一人でできることも全力でやる。

と同時によりよいコミュニケーションを心がける。

学びあるサッカーの時間でした。

感謝。

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!