セロトニンを増やして幸せになろう!

幸せになろう!

何かとストレスがかかる世の中…

子どもたちも大人も、それぞれの不安や悩みを抱えています。

毎日を元気に幸せな気分で過ごしたいもの…

「子どもたちには、学力向上の前に笑顔を!」

「大人たちには、仕事の前に笑顔を!」

「何かをして笑顔になる」のではなくて「笑顔になって何かをする」

笑顔は幸せを呼ぶ。

そう信じています。

心に元気がなくなる原因の一つにセロトニン不足があります。

セロトニンは「幸せ物質」とも呼ばれ、セロトニンが多いとポジティブで安定した状態になる。セロトニンが不足するとキレやすくなり、気持ちが落ち込みがちになり、集中できなくなるなどの症状が出る。
なぜ「これ」をやるだけでストレスが減るのか?

元気がない子どもたちや大人を見ると、セロトニン不足なのかな?

なんて思ってしまいます。

セロトニンは精神を安定させることで幸福を感じやすくするため、幸福ホルモンや幸せ物質と呼ばれることもあるのです。
幸せホルモン、セロトニンを増やす方法。

では、どうすればいいのでしょう?

セロトニンを増やすキーワードは8つあるとか。

1.早寝早起き 2.太陽光 3.リズム運動 4.よく噛む
5.グルーミング 6.トリプトファン 7.腸内環境 8.継続すること
誰でも実践出来るセロトニンを増やす8つの方法

何よりも生活習慣の改善は必須。

太陽光を浴びたり、運動をすることは動物的感覚を呼び覚まします。

栄養バランスにも気をつけたいですね。

栄養バランスの取れた食事を心がけつつ、セロトニンを作る材料となる必須アミノ酸の一種「トリプトファン」や分泌を促すビタミンB6を多く含む食品を積極的に摂るようにしましょう。
【トリプトファンが豊富な食べ物】
赤みの魚、バナナ、乳製品(チーズやヨーグルト)、ナッツ類(アーモンドやひまわりの種)、大豆食品(納豆や豆乳、豆腐)、そば、魚卵(イクラやタラコ)
【ビタミンB6が豊富な食べ物】
レバー、肉類、魚類、ナッツ類(ピスタチオ)
幸せホルモン、セロトニンを増やす方法。

継続して習慣化できれば最高です。

ボクが最近はまっているのは、呼吸に注目すること。

ちょこっとヨガの感覚で生活に取り入れてパワーアップを図っています。

こちらの動画も参考にどうぞ!

ちょっとした時間にできるのでオススメです。

セロトニンを増やして幸せになりましょう。

Good Luck.

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!