グチャグチャな対話ですが何か?

グチャグチャな対話

1学期も一気に終盤にさしかかってきました。

成績のまとめをする時期でもありますが、そんなことより…

夏休み前の何とも危うい子どもたちの姿を見守る大切な時期です。

お互いに遠慮しがちな4月…

少しずつ自分を出してくる5月…

誰が何をするのかも分かってくる6月を経て…

7月は個人と個人が激しくぶつかる時期に突入しています。

子どもたちが企画した七夕パーティでも、子どもたちの意見と意見がぶつります。

さてさて私はというと…

「誰がどんなことを言っているのかな?」

「どんなポジションで、個々が参加しているのかな?」

なんて考えながら眺めているだけです。

口を挟みたくなりますがグッとこらえます。

もちろん、予定時間が過ぎても笑ってスルーです。

ひとしきり終わったら…

「事実だけ話すね。」

と前置きしてから、実際に起こっていた現象について話します。

「どういう姿が理想的だったのかなあ?」

なんて問いかけをした後に

「自分ができることって何か考えてみよう。」

とサラリと話して

「また次回にチャレンジしてみよう。」

という具合に終わります。

どんな場面でも同じです。

「事実を知る→理想の姿をイメージする→手立てを確認する→行動する」

ひたすら繰り返すことで思考モデルができあがります。

たくさん話ができる文化は、正直ハラハラさせられます。

ハッキリ言ってグチャグチャな対話です。

でも…

圧倒的な対話量から生まれるコミュニケーションは本物です。

残りわずかな1学期…

どんな物語が展開されるのか楽しみです。

今週もお疲れ様でした。

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!