子どもが輝く学級経営につながる学級担任の指導のポイント

子どもが輝く学級経営につながる学級担任の指導のポイント

「子どもが輝く学級経営につながる学級担任の指導のポイント」

7月に公開されたばかりの冊子です。

学級担任が留意するポイントを5つに分けて説明しています。

引用を含め大切かなと思うことを少々…

1 児童理解

児童一人ひとりが活躍する生き生きとした学級とするためには、児童理解は何よりも大切です。児童を正しく理解することなしに、教員の指導の効果は期待できません。

子どもたちの言葉をポジティブに受け止めること。

行動の背景に何があるのかを理解すること。

先入観にとらわれず、事実を見つめて寄り添うこと。

2 集団づくり

学級担任が、人間関係づくりの視点をもつことで、児童との関係や児童同士の意思疎通がよくなり、学級風土が醸成されていきます。学級をよりよくしていくためには、個を理解し育てていくとともに、学級集団の力を高めていくことが必要です。

子どもたちを信頼すること。

一人ひとりがポジティブに活躍できる場をつくること。

対話する時間を大切にすること。

3 授業づくり

わかる喜びや学ぶ意義を実感できる授業は、児童の主体性を育て、自己有用感を高めることにつながります。授業づくりは、学級経営の観点からも重要なポイントとなります。また、授業のルールなど学び方を指導することも大切です。

自ら主体的に学びたくなる環境をつくること。

ふりかえる、対話する文化をつくること。

みんなで学ぶ楽しさを共有すること。

4 環境整備

学級担任として、児童が安心して安全に生活できるように、教室の環境など配慮することは学級経営上必要なことです。また、児童の意欲やモラルを保持・向上するために、掲示物などを工夫することも大切です。

子どもたちと一緒に教室をつくること。

みんなが気持ちよく学べるように工夫すること。

対話しやすい環境をつくること。

5 連携

学級経営を充実させるためには、学級での諸問題を、学級担任一人の力だけではなく、学年や学校、保護者、専門職と連携し、チームとして解決していくことも重要なポイントとなります。

問題と言わずに課題として捉えてを共有すること。

みんなが仲間意識を持って知恵を絞ること。

一人で頑張りすぎないこと。

みんなでしっかりとイメージを持つこと

子どもたちだでなく私たち教職員もキラキラと輝くことです。

自分のストロングポイントは何かを知ること。

チャレンジしながら楽しく学校を創ること。

できないことは協力を仰ぎ、知恵を絞って解決を目指す。

子どもたち、保護者、地域の人々は、みんな仲間です。

共によりよい環境を創っていくことが何よりも大切。

こういった冊子も読んでみると大きなヒントになります。

自分なりにアレンジしながら上手に活用してみましょう。

「小学校学級経営充実のための
子どもが輝く学級経営につながる学級担任の指導のポイント」
(平成28年7月神奈川県教育委員会教育局支援部子ども教育支援課)

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!