リオ五輪閉幕!さあ2020東京大会へ

読売新聞2016.08.23

読売新聞2016.08.23

リオデジャネイロオリンピックが閉幕。

今大会の競技結果、強化育成や大会運営に関する検証がなされることと思います。

メダル獲得数という単純なものではなく…

日本全体で、どのように東京オリンピック2020に向かっていくのか。

考えなければいけないことがたくさんあります。

日本人の私たちは何をすればいいのだろうか。

厳しい目線を送る人たちも必要で、批判にもさらされることも多いはずです。

21世紀の世界を牽引する象徴的な大会になることを願っています。

東アジア情勢も気になるし、日本の経済状況も気になる。

様々な困難が待ち受けていることだと思います。

私自身、もっとも興味があることは…

東京2020では、どのようなオリンピックレガシーが生まれるのか。

ということです。

少子高齢化が進む日本の社会構造は、大きく変化する。

人口が激減し、これまでの教育では太刀打ちできなくなるであろう世の中になっていく。

より世界はオープンになっています。

ある意味では国境なんかなくて、誰もが発信者になれる時代…

大きな組織だけが頑張るのではなく、個人もチカラになれる時代です。

国家権力や大国だけが世の中を引っ張る時代は終わりに向かっている。

世界は、どこもかしこもオープン向かっています。

21世紀は新たな時代…

スポーツを通して、コラボレーションが生まれ、お互いのことを良く理解する。

そして、多くのことを共有しながら、スポーツが世界中の人たちにチカラを与える。

そんな東京大会にしたい。

私は私のできることで、TOKYO2020を創る担い手になります。

さあ、みんなでやりましょう。

Enjoy Sports.

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!