サッカー指導の現場へ【ヴェルディSS相模原】

ヴェルディSS相模原

9月に入りヴェルディSS相模原にてサッカー指導の現場へ再び立つことになりました。

次男がジュニアユース・ユースと6年間お世話になっていたこと…

旧知の監督さんやコーチがわざわざ足を運んで熱心に誘ってくれたこと…

未来の地域スポーツを考える上でもしっかりと学んでおきたいこと…

平日は週1回、土日は都合がつくときだけにしか行かれません。

とはいえ、自分にしかできないことを総動員して尽力したいと思います。

本日はU-12のスクールから…

カラダの使い方を意識してながら足裏を使ってターン。

ゲームの中でTRでやったことが意識されているか?

個々のスクール生の好きなプレーは?

どんなチャレンジがあるのかを観察するのも楽しいものです。

U-12を終えてからU-13,14のTRを1時間ほど…

5vs2のボール回しを中心としたメニューからゲームへ。

個々の選手の特徴を意識しながら観察しつつアドバイス。

狭いエリアでボールを扱う技術はさすが…

足下にボールを止める選手が多いのが気になる…

全体を見ながらプレーする習慣がない…

課題はあげればキリがありません(笑)

個人のスキルアップや2,3人でのボール回しを中心進めている段階です。

これはこれで大切なステップなので焦らずにサポートしてきたいものです。

何よりもサッカーを通して選手たちが自ら成長できるようになってほしい。

そのためのメンタルモデルづくりでもお役に立てればと思います。

Enjoy Football.

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!