ファーストタッチの重要性はU-12から

ヴェルディ相模原TR

横浜市立日野南中学校でTRMを行ったU-13の選手たち…

相手は2年生もいてフィジカルで圧倒される場面もありました。

自分たちの特徴を出せたのでしょうか。

いつも気になっていることがあります。

ファーストタッチ

ボールを足下に止めるので、相手が寄せてくる時間を与えてしまう。

寄せてきた相手選手をわざわざ交わしてから次のプレーへ移行する。

寄せてくる相手を利用して、どちらかへボールを持ち出せばいいのに…

ボール扱いの上手な選手たちです。

U-12の年代では、それでOKだったのでしょう。

とはいえ…

もっとファーストタッチの重要性は知っておくべきです。

U-12でも教えておかなければならないことなんじゃないかと思うのです。

案外、やっていないのかもしれません。

ドリブルが苦手な子は、ファーストタッチの重要性を理解している。

ボールを取られないために工夫するんですね。

ファーストタッチの重要性をしっかりと認識して欲しい。

自分の持つ特徴をよりよく発揮するためにも…

Enjoy Football.

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!