カエルというと?

カエルくん

我が家の住人「カエルくん」

夜になると玄関の灯りの下にやって来ます。

じっと獲物を狙う彼には、いつも決まった向きがある。

この家の住人が帰宅する方角を向いている。

「お帰り!」

そんな声が聞こえてくるような気がするのです。

「ただいま!カエルくん」

「今夜もそこで獲物を待っているのかい。たまには写真でも撮ってあげよう。」

微動だにしないカエルくん、まるで守り神のような面構えで風格もある。

昨夜は雨も降らないのに、庭先で鳴いている仲間たちも…

ちょっと蒸し暑い夜だったからかなぁ?

そういえば…

会津でもカエルとずいぶん戯れた。

周りは田んぼで網戸にやってくる。

白いお腹を見せて獲物を待つ彼らを眺めるのも好きでした。

だから抵抗ないんだな。

田んぼもなくなり、行き止まりだった道路が整備されて家の前を車が通る。

「おばんです~」

自転車を押しながら畦道を通る人たちも懐かしい。

カエルというと…

感謝と共にいろんな記憶が鮮明に蘇ってきます。

さあ、今日も頑張ろう!

Good Luck.

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!