迷ったら捨てろ!

本を処分すると...

本棚にあった書籍を断捨離したら生活にスピード感が出てきました。

スッキリした空間では、余計なことを考える必要はありません。

やりたいこと、やるべきことに集中できる。

捨てるという作業は、やっぱり素晴らしい!

と言うのが結論です。

今回は古い本のみならず、今年になって買ったものも迷わずバッサリといきました。

本当に必要なものなんて少ないもんです。

余計なモノに囲まれて暮らしている。

本来は必要じゃないのに食べている。

本も同じ…

たくさんの書籍が本棚にあればカッコイイような錯覚…

どんどん太り続けるカラダのように、本棚も満杯になっていく。

そして、本棚を追加して部屋が狭くなる。

まるで血管が狭まるように…

これでは、いい空気は入りません。

時々、思い出したように整理整頓してもダメなんです。

バサッと捨て去ることで、新鮮な空気が流れるようになる。

迷ったら捨てろ!

やっぱりこれに尽きますね。

以上、迷ったら捨てろ!のお話でした。

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!