40代最後の週へ突入して考えたこと。

春のような陽気

40代最後の日曜日です。

夕刻、散歩に出かけてあれやこれやと考えました。

ボクは何をしてきたんだろうか?

これからどうするんだろうか?

自分に正直に生きてきたつもりだったのに、実は違っていたことに気がついたのが40代。

やんちゃだったはずが、いつしか制限をかけて自分を飾る。

人の期待に応えようとしてばっかりで、本当の自分が見失っていたことへの抵抗があったのかも…

だから一度、教壇を降りました。

用意されていたレールを外れて、ボクは周囲の期待とは違う道を選択しました。

だって、それはボクが歩みたい道ではなかったから…

同じポジションは、ボクじゃない人でも勤まると思うし…

40代後半は、それまでとは違う世界が広がっていて…

まだまだ未知の世界がたくさんあって、未知の自分にも出会いました。

一生かかってっも理解できない世界…

一生かかっても理解できない自分…

それでも、ボクは今日一日を懸命に生きるしかない。

できないことで悩んでいるよりも、できることを見つけて行動していたい。

どこまで行けるかは分からないけれど、生きている限りはチャレンジし続ける。

本能って大切で…

本当にやりたいことをやる。

それでいいよね。

死ぬまでチャレンジだ!

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!