復活のVibram Five Fingers

復活の5Fingers

久しぶりにVibram Five Fingersを履いて散歩に出かけました。

ソールがボロボロになるまで履いていた以前のモデルは、オランダでも大人気でした(笑)

今回は、ランニングシューズが一足ダメになったのでこちらを購入。

V-Train / 17M6602

V-Train / 17M6602 (Vibram公式ページへ)

2017年新商品。ビブラムファイブフィンガーズの歴史で最も長く継続していたKMD LSモデルの新バージョン。オールマイティなモデルでフィットネス、トレーニング、ランニングなど、想像できるあらゆる場面で活用できる。V-Trainはレースとストラップが一緒になることにより、足が中でずれることなくフィット感が抜群なので、体の重心位置が分かりやすい。XS TREKソールは横の激しい動きにも適している。ロープを昇るときに、土踏まずのところにロープに食い込む作りになっている。アッパーの甲の横にある固めのプラスチック部分がより足を保護するが、柔軟性は衰えない、革新的なオールマイティなモデル。ソールは跡を残さないため室内トレーニングにも最適。

アスファルトの上を歩きましたが、やっぱり気持ちいいです。

地面をつかむ心地よさっていうのでしょうか。

Vibramの公式ページには、こんなことが書かれています。

ビブラムファイブフィンガーズは、私たちの足、ひいては身体の“ありのまま”の姿を教えてくれる新しい靴です。

ボクらは、もともと靴なんて履いていなかったわけです。

靴を履いていることが自然な感覚かもしれませんが、実は違うはず。

私たち人類は、誕生から現在まで、ほとんどの時間を裸足で過ごしてきました。靴が発明されたのは、ほんの“最近”のこと。今も私たちは裸足で生まれてきます。つまり、人類にとっては「裸足」が最も“自然”なのです。

そう!裸足が自然なんです。

この靴を履いてしまうと分厚いソールの靴には戻れなくなります(笑)

足指で地面をつかむ感覚がたまらなく心地いいですから…

1. 足裏を最低限保護(それ以外は足の自然な動きを一切邪魔しない)
2. 足指をストレッチ(足指が閉じた現代人には裸足より効果的かも)
3. 背広からTシャツに着替えたように心が解放される(足裏の感覚が呼び覚まされる)

KSO EVO / 14M0701

KSO EVO / 14M0701

明日から、室内履きもFive Fingersにします。

子どもたちは、ビビると思います。

でも、これ履いてると何人かは裸足生活を始めちゃうのです。

他の先生に怒られるので要注意ですけどね(笑)

Vibram Five Fingers オススメです!

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!