勉強するのは何のため?

勉強するのは何のため?

苫野さんの本を改めて読み返しました。

今回は読書メモを取りながら綿密に読んだ感じです。

「問い」って大切だな。

「なんで勉強しなきゃいけないの?」──誰もが一度は考える、でも誰も答えられないこの疑問に、哲学を使って「納得解」を出す!

というのが本の主旨です。

目次は以下の通り…

第1章 「一般化のワナ」と「問い方のマジック」

1 落とし穴その1:一般化のワナ

「経験」は人それぞれ/学校の先生と塾の先生、どっちがいい?/先生だってひっかかる/少年少女は凶悪化した?/みんなが納得できるだろうか?

2 落とし穴その2:問い方のマジック

二者択一のワナ/一〇人乗りの救命ボートに、一一人が乗り込んだ……/第三のアイデアを

コラム1 超ディベートについて

第2章 なんで勉強しなきゃいけないの?

1 どうして答えが出ないのか?

「納得解」を見つけよう/ニヒリズムという〝どん詰まり〟/「神は死んだ」

2 「答え」を出すにはこう考える

ニヒリズムを乗り越える/「問いの立て方」を変える/自分にとっての正解を/条件を整える

3 〈自由〉になる――だれもに共通する「答え」

「生きたいように生きる」には/〈自由〉になるため/この章のまとめ

コラム2 「唯一絶対の正解」ってほんとにないの?

第3章 なんで学校に行かなきゃいけないの?

1 なんで勉強を強制されるの?

二つの〝正論〟/やっぱり勉強なんて役に立たない?/学力=とどのつまりは「学ぶ力」/探求型の学び/「学び」のこれから

2 学校に行くのは何のため?

どうすれば〈自由〉になれる?/〈自由〉をめぐる戦争の歴史/戦争がなくならない理由/〈自由の相互承認〉の原理/〝感度〟をはぐくむ

3 学校に必要なこと

がんばってきた日本の学校/日本の教育は悪平等?/何が必要な「平等」か?/いじめ、体罰、そして教育の未来……

コラム3 道徳教育のジレンマ

第4章 いじめはなくせるの?

1 いじめはどうして起こるのか?

いじめの根源/厳罰主義か、更生主義か/自己不十全感/逃げ場のない教室空間

2 いじめのなくし方

人間関係の流動性/信頼と承認/教師の多様性/教師への信頼/なぜ体罰はダメなのか?

コラム4 「コミュニケーション力」は一つじゃない

第5章 これから学校はどうなるの?

変わりゆく学校/学校に代わるもの?/教育の未来のために

ついついボクらは正解主義に陥ってしまう。

ボクは違和感を感じながら時には反抗して生きてきたんだな。

そんなことを感じながら読了。

「一般化のワナ」「問い方のマジック」にも気をつけたいものです。

<自由>に生きるために何らかの力がいる。

だから勉強やトレーニングが必要になる。

学ぶことで<自由>になる力を身につける。

ホントにそうだよなあ。

「教育の力」と合わせて読んでみることをオススメします。

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!