酒を飲みながら「個性を生かす」ってことを考えた。

12月なのに気温がグンと上がった火曜日。 野辺山あたりの電光掲示板も13度を示すほど暖かな一日でした。 夕刻から雨も降り雷鳴も轟くという珍しい天候。 佐久穂へ戻る帰り道… 何としても手に入れたい酒を求めて黒澤...
教育

「どうせ日本酒でしょ!」と「どうせ子どもでしょ!」で失敗していた頃

佐久穂にやって来て嬉しいことのひとつに「美味しい日本酒があること」ってのがあります。 生酛づくりで有名な黒澤酒造さんがあるのが何とも嬉しい。 更に佐久地方には蔵元がたくさんあるのも最高です。 今日は、買い物途中に見...

「蔵縁」黒澤酒造×大雪渓酒造から学ぶコラボレーション

銀座NAGANOでのセミナーの帰り道、佐久平のイオンで発見した日本酒です。 「お!黒澤さんの酒じゃん!ん?ブレンド?」 日本酒のブレンドなんて人生初。 ちょっと意味不明… というような感覚ながら置かれているパ...

10月は「会津娘純米大吟醸」でスタート

台風一過、穏やかな一日となるかと思いきや強い風が吹き荒れる一日となりました。 ニュースでも倒木の被害や強風による飛行機の欠航、鉄道の混乱など被害は大きいようです。 八王子では観測史上最高の風が吹いたとか… 最近の台...

東北に酒あり「榮川」雪中貯蔵特別純米原酒

3連休の初日と2日目は戊辰150周年の会津でお世話になりました。 竹田総合病院で生まれてから51年… 街の変化も感じながら過ごした貴重な時間でした。 いつだって会津は温かく迎えてくれるので本当にありがたい。 ...

【一歩己】焦らず、急がず、そして弛まず、一歩ずつ

平成最後の8月も最終日を迎えました。 まだまだ暑いけれど、季節は秋へ突入します。 今夜は、「一歩己」(豊國酒造)をいただきながら過ごしています。 何をするにも… どこへ行くにも… 一歩ずつの積み重ねが大...

会津娘「つるし」をいただく夏

今年も「つるし」の季節がやって来ました。 入手できない年もあるのですが「お盆の定番」でもある「会津娘」です。 子どもたちも大きくなってサッカーボーイズ1号と一緒に飲めるようになったのも嬉しい。 2号は仕事で帰ってこ...

花酵母から生まれる山梨県北杜市の酒「青煌」

15年ほど前に出会った日本酒の師匠「ゴリーさん」から新たな酒を紹介していただきました。 その小さな蔵は清里へ向かう坂道の途中から少しだけ脇道へ入ったところにあります。 「こんな所に、こんな美味しい酒を醸すところがあったの...
ライフスタイル

ワインが美味しい本厚木「Otello」にてPTAの皆さんと

昨日は、前任校のPTA歓送迎会。 こういった関連行事も今回でおしまいなので2次会にも参加。 役員の皆さんと語り合った店は本厚木にあるワインサロン「Otello」 5年生の時にボクのクラスにいた子の父さんがマスターで...

豊盃をいただいた話

一週間ほど前のこと「豊盃」をいただきました。 青森県弘前市にある三浦酒造株式会社さんのお酒です。 昭和初期創業で年間生産量400石という小さな蔵で造られる酒。 豊盃では、全国でも三浦酒造だけが契約栽培するこだわりの「豊...