「ともに歩もう、この先の秦野へ」秦野市議会議員 桑原まさゆき

3つの常任委員会に参加してみると?

この先の秦野へ

朝は冬を感じる気温でしたが昼間は暖かさを感じた丹沢・大山の麓。

昼夜の寒暖差で風邪を引かないように気をつけたいものです。

さて…

本日の秦野市議会は環境都市常任委員会。

文教福祉常任委員会に所属する私は傍聴となります。

環境都市常任委員会では、道路や建物、上下水道、商業・観光などが扱われます。

その他に総務常任委員会もあり、区分はあるものの全てが関連していることがわかります。

例えば、良質な水道の存在は私たちの健康には欠かせない要素です。

そのような水道を維持するには道路整備も必要ですし環境保全も必要です。

良質な水が提供できなければ農業にも大きな影響を与えます。

健康被害もでるような地域になれば人々は市外へと移住せざるを得ません。

というように全てが繋がっているのです。

そんなこともあり、傍聴も大切な学びの場となります。

私の視界に入っている事項は、まだまだ小さなものかと思いますが…

日々、研鑽を積みたいと思います。

来週はいよいよ一般質問が始まります。

「秦野市議会第4回定例月会議」
【一般質問】12月12日(火)午前
1 小学校における「新たな学びのスタイル」への転換について
2 「はだのスポーツビレッジ構想」について
3 市民との情報共有について
インターネット中継録画で是非ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました