「ともに歩もう、この先の秦野へ」桑原まさゆき

この風景から見えてくるものは?

真夏ほどではないにせよ残暑厳しい丹沢・大山の麓。

ボクらの住む秦野、隣の伊勢原でよく見る風景をどうぞ。

「のどかな地域でいいですねー」

「自然豊かな地域で素敵ですねー」

「野鳥もたくさんいるなんて羨ましいですねー」

なんて声をいただくことがよくあります。

「ホントその通りです!」

と大手を振って喜べれば良いのですが。

さて、この風景から見えてくることはなんでしょう?

きっと人それぞれだと思います。

ここ数年、多くのご縁をいただいた経験からいくつか列記すると…

「竹藪どうなるのかなあ」

「畑が維持できるのかなあ」

「雑木林は残るかなあ」

とまあ、維持管理が気になっています。

里山保全といえば聞こえはいいのですが、ことは単純ではなさそうです。

これから続出するであろう土地相続の問題…

日頃の維持管理を担う人財不足(人材ではなく)

昨今の道路脇を見れば一目瞭然。

草刈りをするにも人手が足りていないのです。

今日は、そんなことが気になりました。

人によっては気になることは違いますよね。

ほぼ同じ風景を多くの目で見てみる。

いろんな視点であれこれと考える。

皆さんで課題を出し合って、ひとつずつ解決を試みる。

とても小さな歩みですがコツコツとやるしかありません。

皆さんには何が見えますか?

どうぞ、皆さまのお力をまちづくりに!

タイトルとURLをコピーしました