「食」が何よりも大切だよね!【禅と食 】

禅と食

どんなに金持ちでも、どんなに地位が高い人であっても…

健康な身体がなければ何の意味もないと思っています。

ボクらの身体は「食べ物」によって作られているわけです。

だから、毎日の食事は大切なはずなんだけれど、とかく疎かになりがちなのが現代人。

スーパーやコンビニで容易に入手できる食べ物ですが…

何も考えずに食べてばかりいると健康を害することになりますよね。

ボクにも安易に購入しては食べるなんてことを繰り返していた時代がありました。

手軽に食べられるものをパッと買って食べる。

まるでファーストフードのように何も考えずに満腹になればいいと思っていました。

これが大失敗で…

どんどん体重が増え続け、ベスト体重から15kgも太るという事態に(汗)

食事に時間も手間もかけずに、コストもかけずに食べていたので当然ですね。

毎日の生活の中で食事の優先順位が低かったのもいけません。

人生最大86kgとなってしまったボクの身体は悲鳴をあげていました。

せっかくランニングしても、筋トレしても食事がなっていないのでムダでした。

仕事の効率も上がらないので、ダラダラと仕事して寝不足に陥ることも。

今思えば最低でしたね。

本気のトレーニングの再開と共に見直したのが「食事」でした。

トレーニングに合わせて何を食べるかを考えて買い物へ行く。

多少の時間をかけても自分で調理して食べる。

目指したいのは、”健康で動ける身体”

勉強するとか仕事をするとかも大切かもしれませんが…

本来のパフォーマンスが発揮されてないとしたら…

それは、食事に原因があるかもしれません。

食事を見直すことは、日々のおこない、ふるまいを見直すこと、 食事を整えることは、心を整え、「 生きる」ことそのものを整えていくことなのです。

禅と食: 「生きる」を整える (小学館文庫)

この本、オススメです!