【著書】「どの子も輝く教室のつくりかた」(明治図書)

共に学ぶ前に大切なこと

共に学ぶ前に大切なこと

「共に学ぶ」前に大切なことがあります。

それは、「共に遊ぶ」ということです。

「対話する」前にも大切なことがあります。

それは、「会話を楽しむ」ということです。

金曜日の私の一日は、午前中は教室にいて…

ランチタイムには子どもたちの様子を眺めながら、来校された皆さんと話す。

午後からは、佐久市内の中学校へ校長として来年度の相談。

そんな金曜日の中で印象的だったのが、数独で子どもたちが遊んでいたこと。

男子が机に何気なく置いてあるボードを見つけてスタート。

「ああじゃない!こうじゃない!」と言いながら進めていました。

大きく分けるとボクが目撃したのは3つのシーンです。

スタートしたときは2人でした。

ルールを知っていたのかどうかは知りませんが…

とにかく1から9までのプレートを枠へ入れていく。

そのうちに3人目の子がやって来て、スムーズに仲間に加わる。

「2人でやってるから、あっち行け!」

なんてことがなくスッと入っていきました。

そして3人目が登場してからスピードアップしている。

「これ、いけるんじゃない???」

なんて声を聞いてからは5分ほどだったでしょうか。

「できたー!」

「待て待て!確認しよう!」

「上から言うから見て」

と紙を見ながら確認をし始めます。

確認が最後近づくにつれてテンションも上がっていき…

「やったー!」

何とも嬉しそうでした。

「こういった時間を忘れていないだろうか?」

なんて振り返りつつ、改めて「共に学ぶ前に、共に遊べ!」を再認識。

今週もお疲れ様でした!

タイトルとURLをコピーしました