【著書】「どの子も輝く教室のつくりかた」(明治図書)

初冠雪した茂来山の麓で

初冠雪した茂来山の麓で

冬らしい朝を迎えた大日向。

そろそろ屋外にある水道栓を閉めないといけないかなあ。

「あれ?茂来山が白いよ!」

どうやら茂来山の山頂付近には雪が降ったようです。

初冠雪ですね。

落葉は一気に進み山の色もすっかり冬になった感じです。

そんな寒さでも子どもたちは元気に走り回っています。

校庭敷地内の端の方で動物の糞を見つけました。

「これなんの糞かなあ?」

「鹿はコロコロだし、熊はもっと大きいよね。」

「猫じゃないよね。」

「じゃあ、パソコンで調べてみよう。」

ということで調べる子どもたちの姿がありました。

スタッフの力も借りて彼らなりの結論は…

「イノシシなんじゃないか?」

「そういえば、うり坊がフェンスのところを歩いていたよね。」

そうそう…

目撃情報があったので猟友会の人たちが罠をしかけています。

そういえば無事に捕獲したとの情報はまだない(汗)

それはともかく…

こんな学びの場があることも大切だよね。

いろんな発見をしながら楽しんで学んでほしいと願っています。

タイトルとURLをコピーしました