見えないコミュニケーション

sns

川崎の事件もあり、またもやSNSが槍玉にあげられています。

インターネット普及によって掲示板などでも繰り返されてきたネットの問題点。

LINEは問題があるから禁止だ!

などという意見も出てきます。

でもね…

時代は確実に変化しているのであって、これからもどんどん新たなツールが出てきます。

そんなことより問題なのは、こういったSNSを経由しないとできないコミュニケーション。

オンラインでしか会話ができない。

オフミーティングが苦手な人がたくさんいるほうが問題です。

匿名で参加できるコミュニティも必要な場合もあるでしょう。

それはそれで理解できなくはありません。

オフでコミュニケーションが取れることが前提条件。

やっぱり実際に会って話をすることが大切なんじゃないでしょうか?

確かにメールもSNSも便利です。

だからといって、面と向かって話せないのは、どう考えたっておかしいです。

どんどん見えなくなるコミュニケーション

子どもたちだけでなく、大人も気をつけなければならないことですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
子育て教育
【著書】「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)

どの子も輝く教室のつくり方

スポーツマネジメント、イエナプランをヒントに公立小学校在職中の実践をもとに書いています。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

Amazon

明治図書ONLINE

 

KUWAMANをフォローする
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました