「夢中になれること」って素敵だな。

高野町祇園祭

昨日、一昨日と開催されていた高野町祇園祭。

一昨日は4時間近く、昨日は夕方少しだけ見ることができました。

4台の屋台がお囃子を奏でながら進んでいきます。

太鼓、笛、三味線に唄があり、何とも心地よい音が聞こえてきます。

酒も飲みつつ、とても長い時間をかけて屋台を引いていくエネルギー…

何とも素敵です。

みんな「夢中」になっている。

なんかスポーツを見ているような感じでもありました。

屋台を引いていくメンバーは、ピッチで躍動する選手たち。

その周りで見ている観客は、まさにサポーターの皆さん。

お囃子が速くなってくると、周りの人たちも乗ってくる。

そして、演奏が終わると大きな拍手。

そこにいる人たちは、みんな笑顔です。

みんなが、その空間に「没頭」している。

「祭」には、やっぱり不思議なパワーがありますよね。

目の前のことに没頭する。

ふと、最近の自分を振り返ると、ちょっと残念が気がします。

「子どもたちにとって、夢中になれる空間は?」

「先生たちや保護者の皆さん、そして地域の皆さんたちが夢中になれる空間は?」

とかあれこれと考えることに夢中になっています。

でも、それだけじゃメンタル的にバランスを欠いてしまうのです。

ここのところ、仕事とプライベートが全くもって分離しない。

よくよく考えてみたら、自分が何かしら夢中になれるプレーをしていない。

「夢中になれることって素敵だな」って感心している場合ではありません。

結構、ヤバいかもしれない状況なので、そろそろ旅にでも出ようかな。