両さんに感謝【こち亀ファイナル】

この記事が気に入ったら、シェアしてくださると嬉しいです(^▽^)

こち亀ファイナル

こち亀ファイナルということもあり書店でジャンプと200巻を購入(笑)

子どもの頃に登場したハチャメチャな両さんは、どこか寅さんのような…

奇想天外のアイデアマンで、何気に未来の技術とかにも興味がある。

一攫千金を狙うものの、いつも失敗して怒られている。

でも、めちゃくちゃ優しくて愛されるナイスガイでした。

毎週、ジャンプを買うという文化はなかったボクですが…

学生時代にお世話になった飲食店などに置いてある。

ついつい手を伸ばすのがこち亀でした。

風刺も入っていてギャグの中に社会問題が垣間見える。

大人になって読んでみても面白い。

時代背景を良く投影しているロングセラーの作品は、歴史そのものですね。

ボクも50を迎えようとしているわけで…

今まで出会った人たちや、育ててもらった街の風景を思い出すことがあります。

ホントにいろんな人たちに出会って、いろんな出来事があって成長したんだな。

そんなことを思うのです。

夏休み…

会津から神奈川へ帰ってくる列車で読むのは、ジャンプとサンデーでした。

ふと思い出しながら、こち亀ファイナル読ませていただきます。

感謝!